奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2018

当団体が企画コーディネートを担当する「奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2018」が9月22日(土)からスタートいたします。

当団体の「はならぁと」での業務は主に以下となります。
・実行委員会全体の企画立案/コーディネート
・吉野町国栖エリア(はならぁと こあ)コーディネート
・曽爾村アリア/吉野町上市エリア(はならぁと あらうんど)コーディネート


開催趣旨
『奈良・町家の芸術祭 はならぁと』は、地域価値の発掘作業を通して、奈良県の豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐ、今ここから発信するアートプロジェクトです。
お掃除プロジェクトや空き家見学ツアー開催による町家利活用機運の向上、地元まちづくり団体主体の運営体制による地域力向上、現代芸術を通じた新しい価値の提案による住民の町に対する誇り・愛着醸成の機会創出、住民とアーティストの交流促進による芸術普及、海外への新たな地域価値の発信を目標とし、今年で8年目の開催を迎えます。
*『はならぁと』における“町家”の定義…地域独自の文化や人々の暮らしが記憶された建築物を指します。


『はならぁと』を特徴づける3つの部門
はならぁと こあ | ゲストキュレーターとコーディネーターが参画し、実験的な現代芸術の展覧会を開催する本芸術祭のメインプログラムです。地域性を再考察することで現代日本の課題を読み解き、未来に向けて、新しい価値を提案・発信します。
はならぁと ぷらす | 長年の開催により芸術祭運営ノウハウを得たまちづくり団体自らがコーディネーターとなり、イベントを企画立案。地域と縁の生まれたアーティストが継続的に参加することで、地域ごとの独自性が育まれています。
はならぁと あらうんど | 小規模かつ地域事情を優先した企画をコーディネーターが組み立て、本芸術祭への新規エリア参入の機会とすると共に、地元住民とアーティストが相互理解を経て、共にステップアップすることを目標とするプロジェクトです。


3年にわたる地域連携プログラムの実現
2016-2017年にわたり当団体が中心となり、『はならぁと あらうんど』として地域との連携や取り組みを継続し、本年は、本芸術祭メインプログラムである『はならぁと こあ』に選定された吉野町国栖エリアは、芸術祭時期に限定した一過性の関係性にとどまることなく、奈良らしい継続性のある展開を実現し、地域とのコミュニケーションを重ねたエリアです。
本年は、参加アーティストによる滞在制作や、地域住民の声をヒアリングした企画立案を進め、「地域とアート」のよりよい関係性づくりと地域魅力の再考察を目指します。

奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2017

当団体が「こあマネジメント」「ぷらす運営補助」「あらうんどコーディネート」「事務局長業務」「事務局運営補助」を受託している「奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2017」が2017.10.22-11.3開催され、無事、全会期を終了いたしました。2度の台風が迫る中、多くの方にご来場いただき、心から御礼申し上げます。

◎こあプロジェクトマネジメント
元芝居小屋復活プロジェクトの実施(映画上映会)、実行委員会によって選出されたキュレーターのマネジメント、地域団体との調整、当日運営(サポーターコーディネート等)行いました。

photo:Hasegawa Tomoya

◎あらうんどコーディネート
地域課題ヒアリング、企画制作(アーティスト招聘、展覧会コーディネート、ワークショップマネジメント)、作品設営・撤収を行いました。

photo:Saimon Kaori

ワークショップディレクター参加「のせでんアートライン2017」開催

業務:ワークショップディレクター(3企画)、広報協力
飯村が当日スタッフとして参加する「のせでんアートライン2017」が開催中です。
アートプロデューサーが企画した素敵なワークショップの当日運営をいたしました。
また、当団体は、チラシ配布等の広報協力をさせていただきました。

“ワークショップディレクター参加「のせでんアートライン2017」開催” の続きを読む